楽天ステイハウス

「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」で土地活用をしてみてませんか?

「宿泊施設経営」という土地活用を、Rakuten STAY というブランドで。

「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」は、民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」と、HyAS & Co.Inc. による高性能戸建賃貸住宅の全国会員ネットワーク「WILL STYLE」とのコラボレーションによる戸建型宿泊施設ブランドです。

宿泊施設といえば、まずホテルや旅館を思い浮かべられるのではないでしょうか。しかし、ホテルを建設するとなれば、相応の敷地の大きさが必要なことはもちろん、多大な建築コストを要します。
それに対して戸建タイプの建築であれば、比較的小さなコストで、狭小地や変形地であっても柔軟に対応することが可能です。
WILL STYLEネットワークは2005年から賃貸用の戸建供給を展開しており、全国で3,000棟以上の建築実績があります。
この賃貸用戸建の建築機能と楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービス「Rakuten STAY」が共同で企画したブランドが「Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE」です。
皆さまがお持ちの不動産に、新たな収益可能性を見出すことができます。

国内外の宿泊需要を捉える有力宿泊サイトによる高い集客力

一方で、需要の拡大が見込めるからといって、集客できなければ収益は生まれません。
海外・国内の宿泊需要に対し集客できる宿泊事業であることが、収益獲得のポイントになります。
Rakuten STAYのサービスは、楽天LIFUL STAYが運営する民泊・宿泊予約サイト「Vacation STAY」に加え、楽天トラベルや世界各国の宿泊サイトとも連携することで国内外の宿泊需要へ対応することができます。

Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLEは、世界中の日本に対する宿泊需要を捉えていくことで、宿泊施設が満室になるよう稼働率を最大化していきます。

宿泊施設としての運⽤がもたらす⾼い収益の可能性

Rakuten STAY HOUSE x WILLSTYLE の⼟地活⽤では、賃貸住宅ではなく宿泊施設として運営することでより⾼い収益の可能性を⾒出していくことが可能です。
賃貸住宅の場合、賃貸契約期間中の家賃が固定され賃料収⼊に上限ができ、また市場需給環境が変わり空室率が上がれば収⼊はそこから下がっていくだけです。
宿泊施設として運⽤すれば、収⼊のベースとなる宿泊料は時期や週末などを変動させることで稼働率を⾼めることも可能になり、⾼い収益を⾒出していくことが可能です。

収益性を高める鍵。これまでになかった戸建型宿泊施設のメリット

多人数が同じ空間を共にできる
家族や友人などとグループで旅行をする際、1つの空間にみんなで泊まれる施設はそう多くはありません。
Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLE ならば、宿泊される方にプライベート空間と共有空間を同時に提供できる、これまでにない宿泊施設になります。

高効率な運営と高収益性の可能性

Rakuten STAY HOUSE x WILL STYLEは、24時間オンラインのサポートセンター(英語対応可能)による無人宿泊受付システム(原則)による運営などで、オーナー様の運営コストを抑えることが可能です。
また、1泊あたりの宿泊料金も、1棟で複数名が泊まれることを考えれば、ホテルタイプの室料よりも高めの設定が可能です。
このような、高効率な運営と高収益見込みが、これまでになかった戸建型宿泊施設の魅力とメリットと言えます。