ウィルスタイル

その55坪が、未来になる。「戸建賃貸経営」という選択

少ない投資額で、早く、確実に資産形成。

WILL STYLEの戸建賃貸経営は、アパートやマンションといった集合住宅に比べて建築コストが低いため、たとえば20年ローンでの運用なら、借入金の返済よりもプラスが大きい収支となります。また、より早い純収益化を目指してローンを10年で返してしまうケースも少なくありません。金融投資などと比べてもリスクが低く、堅実な資産形成が可能になります。

家賃崩れ・空室リスクに強い。

日本の7割以上の方は、戸建住宅に住みたいと考えています。しかし、賃貸住宅においては、戸建タイプの供給量は全体の3.6%。つまり、戸建に住みたいという需要に対して、供給量がまったく足りていない状況なのです。人気があるのに量が少ないゆえ、アパート・マンションなどに比べて空室になるリスクが低く、”すぐに満室、ずっと入居”の賃貸経営が可能。そもそも相場家賃(集合住宅)と比べる必要がないのが頼もしい点です。

狭小地、変形地でも建てられる。

アパート・マンションを建てるには面積が足りない土地、形が合わない土地でも、戸建賃貸なら対応可能です。WILL STYLEは、最小で30坪程度から2世帯分の賃貸住宅を建築できます。敷地形状に応じた展開プランが4つあり、それらを組み合せることによって、あなたの土地の広さ、形、立地を最大限に活かすプランニングができます。

節税・相続対策としても。

未利用の土地や駐車場に賃貸住宅を建築すると、「固定資産税」が大幅に軽減されます。そして、相続税の課税基準の評価額も同時に大きく下がるため、大切な資産を保全できます。節税メリットとさらなる資産形成を同時に。「あなたの土地の収益力チェック」では、お持ちの土地にどんな可能性が秘められているのか、無料で診断して、詳しい資料とともにお届けします。

高性能なデザイナーズ住宅を、驚きのローコストで。

WILL STYLEは、タイプの異なる4つのバリエーションを持つ、パッケージ型のデザイナーズ住宅です。美しいデザインに加え、高い住宅性能によって快適な居住空間を提供します。本体価格はどれも2戸セットで1600万円前後という極めてローコストです。限りなくコストを抑えつつ、妥協のない居住性能を求めてきたWILL STYLEは、全国で2500棟以上の実績を持ち、住む人・建てる人のどちらにも満足していただいています。

一度住んだら離れたくない快適さ。「デコスドライ工法」の家。

WILL STYLEのすべてのラインアップで標準採用している「デコスドライ工法」は、断熱材「セルロースファイバー」を壁・天井などに隙間なく充填することで、建物の耐久性を高め、快適な居住空間をつくり出します。デコスドライ工法を採用した住宅は、その優れた吸放湿性の効果によって、建物の構造劣化の原因となる「結露」や「カビ」の心配がなく、壁体内無結露について20年保証を提供しています。また”冬暖かく夏涼しい”高い断熱性能は、省エネ効果によって入居者の光熱費負担を軽減します。更に高い防音(吸音)性能を備えているため、賃貸経営で問題となりがちな隣家とのトラブルを防ぎ、小さな子供がいるファミリーにとっては、周辺への音漏れを心配することなく、のびのびと暮らすことが可能となります。

~ AskDoctors評価サービスによる認定取得 ~

デコスドライは、90%の医師が勧めたいと回答する断熱工法です。

エムスリーの会員医師(内科)100名を対象とした調査で、
「デコスドライ工法」について推奨意向が90%であった結果を受けたものです。
※ 調査時期:2018年10月 調査対象:医師(内科)100名 AskDoctors調べ

2戸セットならではの利便性。そして相続対策にも。

長い目で見て賃貸経営をより柔軟に運用することを考えた時、WILL STYLEの「2戸1セット」には様々なメリットがあります。

・相続対策として:
お子様への相続の際に「ひとり1棟ずつ」で分けるなど、シンプルな相続が可能に。アパート・マンションなどの集合住宅の場合は、分割することができず、みんなの意見が揃わなければ問題が生じますが、独立した戸建賃貸なら円満相続を実現できます。

・二世帯住宅として:
WILLL STYLEの2棟を二世帯住宅として活用できます。隣に住む利便性・安心感とプライバシーの確保を両立。ライフステージの変化に合わせて、あとから片方を賃貸にしたり、売却するなどの運用ができるため、建物の使い道に無駄が生じません。

・収入を生む「インカム住宅」として:
WILL STYLEをマイホームとして考えた時、1棟を自宅用、もう1棟を賃貸用にすることで、家賃収入を自宅のローン返済に回して『建てた家がローンを払ってくれる』インカム住宅が実現します。ローン返済後には、家賃収入が私的年金として機能し、将来への安心につながります。