セレクト住宅

建築家がデザインした約400もの豊富な図面の中から、お客様それぞれの“こだわり”をセレクト。

もしも気に入った服や家具を選ぶみたいに、家を選べたら…?
ADM(アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット)は、そんな発想から生まれたサービスです。建築家がデザインした豊富な図面の中から、気に入ったものを選べる「セレクト住宅」というスタイルで、従来の注文住宅や建売住宅とは異なる新しい家づくりのカタチを提供しています。

ADMの高断熱・高気密指標

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。
この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”ということ。
ADMの住宅は、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という実際に測る指標で表されます。
C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。
日本における目標数値は5.0(㎠ / ㎡)。ADMの標準は、この数値も大きく上回っています。